このエントリーをはてなブックマークに追加

ホームページで確認する

文房具

大学などに進学をするときは志望理由書を書いて理由を伝えなければなりません。理由によっては合格できないこともあるので慎重に書いたほうがいいです。志望理由書を書くコツとしては学校側がどのような人材を求めているのかを判断することが大切です。志望する人の意欲や人柄などはもちろんですが、文章力や目的などを見ます。また、現段階で目立った内容はなくても将来性や可能性にかけて合格にしてくれる大学もあります。志望理由書を書くときは基本的に作文用紙2枚程となります。大学によって大きく異なるのですが多くても作文用紙4枚分くらいとなります。書き方に関しても決められており4部構成が一般的です。まずは志望理由書を書く練習をしておくことが大切です。書き方を学ぶときは独学で書いても大丈夫なのですが、添削が必要になることもあります。なるべく通信講座などで添削してもらい合格できるような志望理由書を書くことが大切です。通信講座の種類はたくさんあるので自分に合った種類を見つけて添削を依頼したほうがいいかもしれません。なるべく実績のある通信講座を活用すると良いでしょう。合格率や利用者の満足度など参考になる内容はたくさんあります。他にも添削に必要となる料金も通信講座によって変わります。自分が支払うことができる範囲で添削してくれる通信講座を選ぶことが重要です。調べるときはインターネットを活用すると良いでしょう。料金やサービスなどたくさん載っています。